首・顔のいぼ治療 TOP > 顔のいぼ >  老化現象が原因の顔いぼ

老化現象が原因の顔いぼ

顔いぼの中には、加齢と共にあらわれる老化サインとなる老人性疣贅(ろうじんせいゆうぜい)があります。 老人性疣贅は、表皮細胞が異常に増殖して盛り上がってできた角質粒で、主に紫外線の影響で皮膚が老化することが原因で発症する顔いぼです。 紫外線を受けやすい場所にあわられやすいものなので、顔以外に首元や胸元などにもできやすくなっています。 日焼け対策を怠っていた人や、紫外線に弱い体質の人などに出来やすく、特に40代から目立つようになってくるのですが、20代の人でもできてしまうことがあります。 若い人の場合、老人性というと抵抗があるということで、脂漏性角化症と呼ぶ医師も多いようです。 老人性疣贅は、良性の顔いぼなので、特に治療をしなくても問題はないのですが、顔いぼが炎症を起こしてしまっていたり、日常生活に支障をきたしてしまうような場合は治療を行なったほうが良いといえるでしょう。

首・顔のいぼに塗るだけでつるるん肌に
いぼ治療
首・顔のいぼ治療に
古来より愛用されてきた「ハトムギエキス」を配合したイボ用クリーム「ぽっつるん」。
肌にぬるといぼを包み込むバリアを作り、じっくりケアします。

サイトMENU

Copyright (C) 首・顔のいぼ治療. All Rights Reserved.