首・顔のいぼ治療 TOP > 顔のいぼ >  自己判断はしないように

自己判断はしないように

顔いぼの原因となるウイルスは、約80種類の型があるものでウイルス自体が少しずつ 異なるややこしいものとなっていて、型によって症状も様々なので、自己判断で顔いぼの種類を決め付けてしまうことは危険です。 また、顔いぼを単なるニキビと勘違いしてしまって、放置してしまえば症状は悪化するばかりですし、自分で顔いぼを削ったり弄ったりすると、余計に感染が拡大して顔中にいぼが広がってしまう最悪の事態にもなりかねません。 まして、青年性扁平疣贅によく似た症状があらわれる、汗の出る管が増殖してしまう汗管腫という病気もあるので、自己判断はせずにきちんと医療機関で診断してもらうことが大切です。 ウイルス性の顔いぼは、早めに除去治療を受ければ、顔中に広がってしまうのを防げますし、治療期間も短くてすみます。 軽いうちであれば薬だけで治ってしまうこともありますので、顔いぼを発見したら、早めに医療機関で相談してみましょう。

首・顔のいぼに塗るだけでつるるん肌に
いぼ治療
首・顔のいぼ治療に
古来より愛用されてきた「ハトムギエキス」を配合したイボ用クリーム「ぽっつるん」。
肌にぬるといぼを包み込むバリアを作り、じっくりケアします。

サイトMENU

Copyright (C) 首・顔のいぼ治療. All Rights Reserved.