首・顔のいぼ治療 TOP > 顔のいぼ >  顔いぼの特徴

顔いぼの特徴

ウイルス性の顔いぼは青年性扁平疣贅の場合が多く、顔の皮膚に平べったいいぼが多数あらわれるのが特徴です。 米粒の大きさよりも少し小さなサイズで、肌の色と同じか淡い茶色をしています。 20歳前後の女性に多く見られるのですが、男性の顔にも出来るいぼで、女性では顔以外に脚など、男性では髭の部分にもよくみられ、脚の毛や髭をそる事によって広がってしまうものでもあります。 この顔いぼは、自己免疫力によって自然と消えてしまうこともあるのですが、殆どの場合は放置しておくと、どんどん増殖してしまうものですので、早めに治療をした方が良いでしょう。 加齢と共に発症する事で増えるものは、老人性疣贅や脂漏性角化症と呼ばれているものです。 肌色かこげ茶色をしていて、平べったい形から盛り上がった形など様々です。 紫外線による影響が関係している顔いぼですので、20代などの若い人でも発症する顔いぼです。

首・顔のいぼに塗るだけでつるるん肌に
いぼ治療
首・顔のいぼ治療に
古来より愛用されてきた「ハトムギエキス」を配合したイボ用クリーム「ぽっつるん」。
肌にぬるといぼを包み込むバリアを作り、じっくりケアします。

サイトMENU

Copyright (C) 首・顔のいぼ治療. All Rights Reserved.