首・顔のいぼ治療 TOP > 顔のいぼ >  顔いぼが出来てしまった時に注意をすること

顔いぼが出来てしまった時に注意をすること

顔いぼは、有害なものではないといっても、気になっていじってしまったり、自分で顔いぼを削ってしまったりすると、感染が拡大し増殖してしまう恐れがあるので気をつけなければなりません。 顔いぼを悪化させてしまうと、顔だけに留まらず、手の甲などにもいぼがあらわれてしまうので十分注意をしましょう。 ウイルス性の顔いぼの原因となるヒトパピローマウイルスは、約80種類の異なる型が存在していて、ウイルス自体が少しずつ異なるなどややこしいものであるので、顔いぼも種類や症状が様々なのです。 そのため、自己判断をするのは大変危険となっています。 顔いぼの治療を自宅で気軽にできるという、顔いぼ専用の薬なども市販されていますが、軽い気持ちで使ったら治療をしているはずが逆に悪化してしまったなどということもあるようですので、顔いぼを発見したら必ず皮膚科などの医療機関を受診しましょう。

首・顔のいぼに塗るだけでつるるん肌に
いぼ治療
首・顔のいぼ治療に
古来より愛用されてきた「ハトムギエキス」を配合したイボ用クリーム「ぽっつるん」。
肌にぬるといぼを包み込むバリアを作り、じっくりケアします。

サイトMENU

Copyright (C) 首・顔のいぼ治療. All Rights Reserved.