首・顔のいぼ治療 TOP > 顔のいぼ >  顔いぼって

顔いぼって

顔いぼとは、顔や口の周囲などにあらわれる糸状疣贅と呼ばれる長いいぼや、若年者に出やすい青年性扁平疣贅などをいいます。 ウイルスが原因となっている顔いぼは、伝染病の一種で、皮膚の小さな傷口から感染が広がっていき、増殖・拡大していってしまいます。 しかし、皮膚以外の身体の部位には悪影響を与える事はありません。 顔いぼのなかでも、皮膚の色と似ていて平べったい顔いぼは、目立ちにくいため、ニキビなどができている場合だとなかなか見分けがつかないようです。 もし、徐々に増えていっているような感じだったら、ウイルス性の顔いぼの可能性があるので、酷くならないうちに皮膚科などで治療を受けるようにしましょう。 ニキビや湿疹と勘違いして、同じ様に弱性のステロイド配合塗り薬を使ったり、潰してしまったりすると、顔いぼは悪化して顔全体に広がってしまうこともあり、腫れや赤みもあらわれ、痒みも酷くなって、自分では手がつけられないような重症化してしまう場合もありますので、そうならない前に、きちんと皮膚科などで診察を受けるようにしましょう。

首・顔のいぼに塗るだけでつるるん肌に
いぼ治療
首・顔のいぼ治療に
古来より愛用されてきた「ハトムギエキス」を配合したイボ用クリーム「ぽっつるん」。
肌にぬるといぼを包み込むバリアを作り、じっくりケアします。

サイトMENU

Copyright (C) 首・顔のいぼ治療. All Rights Reserved.