首・顔のいぼ治療 TOP >  水いぼ

水いぼ

子どものいぼの場合

いぼは、どの年代にも出来るものですが、水いぼなどは小さな子どもに多くみられます。 特にアトピー性皮膚炎や皮脂欠乏症の子どもは出来やすくなっています。 ウイルス性のいぼで、他のものに比べると、他人に移りやすいのが特徴で、幼稚園や保育園のプールで感染することが多くなっています。 良性の腫瘍で、半年くらいもすれば自然と消えてなくなってしまうもので、ほかに重い病気になるということもありません。 しかし、長期間経っても消えなかったり、余計に増えるような場合などがあるますし、他の子への感染を防ぐためにも早めに治療をした方が良いでしょう。 皮膚科での水いぼの治療は、専用のピンセットで1つずつ摘み取る治療法のほか、液体窒素で凍結する治療法、硝酸銀液を塗布する治療法などがあります。 飲み薬や塗り薬で治療する方法もありますので、医師と相談をしながら適切な治療法を探しましょう。...

水いぼの治療

水いぼは、正式には伝染性軟属腫といわれています。 伝染性軟属腫ウイルスというウイルスが原因で、直接接触する事によって感染します。 1歳から6歳くらいの幼児に多く出来るいぼで、掻き壊すと他の部位にも広がってしまうものです。 水いぼの治療は、専用のピンセットでひとつずつ取り除いていく治療法となります。 相当な痛みを感じる治療法なので、ペンレスというシールを貼り局所麻酔を行ってから治療する場合が多くなっています。 水いぼは、無理に治療をしなくても4から5ヶ月もすればなくなってしまうものですので、医師によっては治療を行わない場合もあるようです。 水いぼは接触感染を防ぐ事が大切となります。 タオルや衣服類から感染しないよう注意したり、水泳や水遊び後は全身をよく洗い流すようにしましょう。 アトピー性皮膚炎など皮膚の弱い子供は、感染しやすくなっているので特に注意が必要です。...

水いぼ治療

水いぼの正式な名称は「伝染性軟属腫」といい、ウイルス感染症によるものです。できる場所のとしては、「脇の下」や「肘」、「膝」などです。症状は、よく見るといぼの中心にくぼみがあります。大きさは、1mmから3mm程度で表面が柔らかい白い塊ができます。その白い塊がウイルスの芯です。治療方法には、そのウイルスの芯となっている白い塊を取り除く方法があります。そのためには、ピンセットを使用していぼの中にある白い塊を取り除きます。治療するには痛みを伴うことがあります。いぼの部分を無理してひっかいたりするとかえって、大きくしてしまう可能性もあります。ですから、ピンセットはきれいに取り除くにはとても効果的なものなのです。また、痛みを伴うこともあるので、この治療においては麻酔をして行います。麻酔といっても全身麻酔ではありません。いぼの部分に麻酔のシールのようなものを貼って、麻酔が効いてくるのを待って治療を開始します。...

水いぼと液体窒素

水いぼができやすい場所としては、「脇の下」や「肘」、「膝」などに多くみられます。特に、1歳から6歳の子供に多くみられるもので、春から秋にかけての時期によく見られます。ウイルスの感染によってできるもので、潜伏期間は2週間ほどです。いぼが破れてウイルスが飛ぶことによって、移るとされています。その感染経路の多くは、肌と肌が接触するプールなどでの感染とされています。感染しやすい人は、アトピー性皮膚炎などの皮膚が弱い人に多いようです。水ぶくれのように破れるとウイルスの感染を他の部分へも広げてしまうことになります。治療せずに放っておいたとしても、95%くらいの人は1年以内に自然治癒します。しかし、水いぼの症状が悪化してしまい、長期間水いぼが治っていない、水いぼが他の部分にも広がってしまったなどのときは、皮膚科を受診して治療することをおすすめします。しかしこの治療は麻酔を使わないため、痛みをともないます。ですから子供などは我慢ができないかもしれません。...

皮膚の予防

水いぼは、医学では「伝染性軟属腫」といい、ウイルスの感染によってできるものです。いぼが破れてウイルスが飛ぶことによって、移るとされています。その感染経路の多くは、肌と肌が接触するプールなどでの感染とされています。いぼに感染しやすい人は、アトピー皮膚炎などの皮膚が弱い人に多いようです。特に1歳から6歳の子供に多いです。春から秋にかけてよく見られるものです。治療せずに放っておいたとしても、95%程度の人は1年以内に自然治癒します。治癒期間は平均6カ月から7カ月という調査結果もあります。水いぼなどウイルス感染によってできるいぼを防ぐには、感染をしないようにすることが大切です。そのため、次のようなことに注意してください。1.水泳・水遊びのあとは全身をきちんと洗います。2.タオルや衣類などからの感染に気をつけます。3.いぼが出来てしまった場合には、患部が広がらないようにひっかいたりしないようにします。...

水いぼの治療方法その2

水いぼの正式な名称は「伝染性軟属腫」といい、ウイルス感染症によるものです。できる場所のとしては、「脇の下」や「肘」、「膝」などです。症状は、よく見るといぼの中心にくぼみがあります。大きさは、1mmから3mm程度で表面が柔らかい白い塊ができます。その白い塊がウイルスの芯です。治療方法には、そのウイルスの芯となっている白い塊を取り除く方法があります。そのためには、ピンセットを使用していぼの中にある白い塊を取り除きます。治療するには痛みを伴うことがあります。いぼの部分を無理してひっかいたりするとかえって、大きくしてしまう可能性もあります。ですから、ピンセットはきれいに取り除くにはとても効果的なものなのです。また、痛みを伴うこともあるので、この治療においては麻酔をして行います。麻酔といっても全身麻酔ではありません。いぼの部分に麻酔のシールのようなものを貼って、麻酔が効いてくるのを待って治療を開始します。...

水いぼの治療方法その1

水いぼの治療方法には、「凍結療法」という治療方法があります。この凍結療法は、「液体窒素」を用いて治療を行います。その治療で用いる液体窒素とは、?196℃の低温のもので壊死させる効果があります。いぼへの塗布はもちろん素手ですることはできません。そのため、専用のピンセットや綿棒、スプレーなどを使用して塗布します。すると、瞬間的にいぼは凍結します。しかし、凍結してもすぐに体温で溶けてしまうので繰り返し行います。そして、この状態を何度も繰り返すうちに、不要な組織を壊していく治療方法です。この治療方法を1週間から2週間で2回から4回を1ヵ月ペースとして、治療を継続する必要があります。すると、治療した部分は黒くかさぶたのようになり、自然と取り除かれます。この治療方法の効果が期待できるものは、「足底いぼ」「難治性のいぼ」「爪の下にできるいぼ」などです。ただし、このいぼの治療方法は麻酔を必要としないので、痛みを強く感じる人もいます。...

水いぼ

水いぼは、医学では「伝染性軟属腫」といい、ウイルスの感染によってできるものです。いぼが破れてウイルスが飛ぶことによって、移るとされています。その感染経路の多くは、肌と肌が接触するプールなどでの感染とされています。感染しやすい人は、アトピー性皮膚炎などの皮膚が弱い人に多いようです。特に、1歳から6歳の子供に多いです。春から秋にかけてよく見られるものです。潜伏期間は2週間ほどです。症状は、1mmから3mmくらいの表面が柔らかい白い塊ができます。よく見ると中心にはくぼみがあり、かゆみを伴うこともあります。できる場所としては、「脇の下」「肘」「膝」などにできます。治療せずにそのまま放っておいたとしても、95%くらいの人は1年以内に自然治癒します。治癒期間は平均6カ月から7カ月という調査結果もあります。大人にもできることがあり、免疫力低下をさせる基礎疾患がある可能性があります。症状によっては、治療が必要です。...

水いぼの治療方法

水いぼの正式な名称は「伝染性軟属腫」といい、ウイルス感染症によるいぼです。水いぼができる場所のとしては、「脇の下」や「肘」、「膝」などです。水いぼの症状は、よく見るといぼの中心にくぼみがあります。水いぼの大きさは、1mmから3mm程度で表面が柔らかい白い塊ができます。その白い塊がウイルスの芯です。水いぼの治療方法には、そのウイルスの芯となっている白い塊を取り除く方法があります。そのためには、ピンセットを使用していぼの中にある白い塊を取り除きます。いぼを治療するには痛みを伴うことがあります。いぼの部分を無理してひっかいたりするとかえって、大きくしてしまう可能性もあります。ですから、ピンセットはきれいに取り除くにはとても効果的なものなのです。また、痛みを伴うこともあるので、この治療においては麻酔をして行います。 麻酔といっても全身麻酔ではありません。いぼの部分に麻酔のシールのようなものを貼って、麻酔が効いてくるのを待って治療を開始します。...

水いぼの治療方法?

水いぼの治療方法には、「凍結療法」という方法があります。この凍結療法は、液体窒素を用いていぼの治療を行います。その液体窒素とは、?196℃の低温のものでいぼを壊死させる効果があります。いぼへの塗布はもちろん素手でできるものではありません。そのため、ピンセットや綿棒、スプレーなどを使用していぼへ塗布します。すると、瞬間的にいぼは凍結します。しかし、凍結してもすぐに体温で溶けてしまいます。この状態を何度も繰り返すうちに、いぼなどの不要な組織を壊していく治療方法です。この治療方法を1週間から2週間で2回から4回を1ヵ月ペースとして継続する必要があります。すると治療した部分は黒くかさぶたのようになり、いぼは自然と除去されます。この治療方法の効果が期待できるいぼは、「足底いぼ」「難治性のいぼ」「爪の下にできるいぼ」などです。ただし、このいぼの治療方法は麻酔を必要としないので、痛みを強く感じる人もいます。...

水いぼの症状

水いぼができる場所のとしては、「脇の下」や「肘」、「膝」などです。1歳から6歳の子供に多くみられるもので、春から秋にかけてよく見られるいぼです。水いぼはウイルス感染症によるいぼで、潜伏期間は2週間ほどです。水いぼの症状は、よく見るといぼの中心にくぼみがあります。水いぼの大きさは、1mmから3mm程度で表面が柔らかい白い塊ができます。そのいぼが、水ぶくれのように破れると白く小さい粒の液体が出てきます。その液体には、ウイルスが含んでいます。そのため、水いぼのウイルスの感染を広げてしまう場合があります。水いぼを治療せずに放っておいたとしても、95%程度の人は1年以内に自然治癒します。水いぼの治癒期間は平均6カ月から7カ月という調査結果もあります。しかし、水いぼの症状が悪化してしまい、長期間水いぼが治っていない、水いぼが他の部分にも広がってしまったなどのときは、皮膚科を受診することをおすすめします。...

水いぼとは

水いぼの正式な名称は「伝染性軟属腫」といい、ウイルス感染症によるいぼです。いぼが破れてウイルスが飛び、それに接触すると移るとされています。その多くはプールなどで人の肌と肌が接触すると感染しやすいとされています。このいぼに感染しやすい人は、アトピー皮膚炎などの皮膚が弱い人に感染しやすいようで、1歳から6歳の子供に多いです。春から秋にかけてよく見られるいぼです。潜伏期間は2週間ほどです。水いぼの症状は、1mmから3mm程度の表面が柔らかい白い塊ができます。よく見るといぼの中心にくぼみがあり、かゆみを伴う場合もあります。水いぼができる場所としては、「脇の下」「肘」「膝」などです。このいぼになって、治療せずに放っておいたとしても、95%程度の人は1年以内に自然治癒します。治癒期間は平均6カ月から7カ月という調査結果もあります。大人に水いぼができる場合は、免疫力低下をさせる基礎疾患がある可能性があります。...

水いぼと液体窒素

水いぼができやすい場所としては、「脇の下」や「肘」、「膝」などに多くみられます。 特に、1歳から6歳の子供に多くみられるもので、春から秋にかけての時期によく見られます。 ウイルスの感染によってできるもので、潜伏期間は2週間ほどです。 いぼが破れてウイルスが飛ぶことによって、移るとされています。 その感染経路の多くは、肌と肌が接触するプールなどでの感染とされています。 感染しやすい人は、アトピー性皮膚炎などの皮膚が弱い人に多いようです。 水ぶくれのように破れるとウイルスの感染を他の部分へも広げてしまうことになります。 治療せずに放っておいたとしても、95%くらいの人は1年以内に自然治癒します。 しかし、水いぼの症状が悪化してしまい、長期間水いぼが治っていない、水いぼが他の部分にも広がってしまったなどのときは、皮膚科を受診して治療することをおすすめします。 しかしこの治療は麻酔を使わないため、痛みをともないます。 ですから子供などは我慢ができないかもしれません。...

水いぼとは

水いぼの正式な名称は「伝染性軟属腫」といい、ウイルス感染症によるいぼです。 いぼが破れてウイルスが飛び、それに接触すると移るとされています。 その多くはプールなどで人の肌と肌が接触すると感染しやすいとされています。 このいぼに感染しやすい人は、アトピー皮膚炎などの皮膚が弱い人に感染しやすいようで、1歳から6歳の子供に多いです。 春から秋にかけてよく見られるいぼです。 潜伏期間は2週間ほどです。 水いぼの症状は、1mmから3mm程度の表面が柔らかい白い塊ができます。 よく見るといぼの中心にくぼみがあり、かゆみを伴う場合もあります。 水いぼができる場所としては、「脇の下」「肘」「膝」などです。 このいぼになって、治療せずに放っておいたとしても、95%程度の人は1年以内に自然治癒します。 治癒期間は平均6カ月から7カ月という調査結果もあります。 大人に水いぼができる場合は、免疫力低下をさせる基礎疾患がある可能性があります。...

水いぼの症状

水いぼができる場所のとしては、「脇の下」や「肘」、「膝」などです。 1歳から6歳の子供に多くみられるもので、春から秋にかけてよく見られるいぼです。 水いぼはウイルス感染症によるいぼで、潜伏期間は2週間ほどです。 水いぼの症状は、よく見るといぼの中心にくぼみがあります。 水いぼの大きさは、1mmから3mm程度で表面が柔らかい白い塊ができます。 そのいぼが、水ぶくれのように破れると白く小さい粒の液体が出てきます。 その液体には、ウイルスが含んでいます。 そのため、水いぼのウイルスの感染を広げてしまう場合があります。 水いぼを治療せずに放っておいたとしても、95%程度の人は1年以内に自然治癒します。 水いぼの治癒期間は平均6カ月から7カ月という調査結果もあります。 しかし、水いぼの症状が悪化してしまい、長期間水いぼが治っていない、水いぼが他の部分にも広がってしまったなどのときは、皮膚科を受診することをおすすめします。...

サイトMENU

Copyright (C) 首・顔のいぼ治療. All Rights Reserved.