首・顔のいぼ治療 TOP > 水いぼ >  水いぼの治療

水いぼの治療

水いぼは、正式には伝染性軟属腫といわれています。 伝染性軟属腫ウイルスというウイルスが原因で、直接接触する事によって感染します。 1歳から6歳くらいの幼児に多く出来るいぼで、掻き壊すと他の部位にも広がってしまうものです。 水いぼの治療は、専用のピンセットでひとつずつ取り除いていく治療法となります。 相当な痛みを感じる治療法なので、ペンレスというシールを貼り局所麻酔を行ってから治療する場合が多くなっています。 水いぼは、無理に治療をしなくても4から5ヶ月もすればなくなってしまうものですので、医師によっては治療を行わない場合もあるようです。 水いぼは接触感染を防ぐ事が大切となります。 タオルや衣服類から感染しないよう注意したり、水泳や水遊び後は全身をよく洗い流すようにしましょう。 アトピー性皮膚炎など皮膚の弱い子供は、感染しやすくなっているので特に注意が必要です。

首・顔のいぼに塗るだけでつるるん肌に
いぼ治療
首・顔のいぼ治療に
古来より愛用されてきた「ハトムギエキス」を配合したイボ用クリーム「ぽっつるん」。
肌にぬるといぼを包み込むバリアを作り、じっくりケアします。

サイトMENU

Copyright (C) 首・顔のいぼ治療. All Rights Reserved.