首・顔のいぼ治療 TOP > 水いぼ >  水いぼの症状

水いぼの症状

水いぼができる場所のとしては、「脇の下」や「肘」、「膝」などです。1歳から6歳の子供に多くみられるもので、春から秋にかけてよく見られるいぼです。水いぼはウイルス感染症によるいぼで、潜伏期間は2週間ほどです。水いぼの症状は、よく見るといぼの中心にくぼみがあります。水いぼの大きさは、1mmから3mm程度で表面が柔らかい白い塊ができます。そのいぼが、水ぶくれのように破れると白く小さい粒の液体が出てきます。その液体には、ウイルスが含んでいます。そのため、水いぼのウイルスの感染を広げてしまう場合があります。水いぼを治療せずに放っておいたとしても、95%程度の人は1年以内に自然治癒します。水いぼの治癒期間は平均6カ月から7カ月という調査結果もあります。しかし、水いぼの症状が悪化してしまい、長期間水いぼが治っていない、水いぼが他の部分にも広がってしまったなどのときは、皮膚科を受診することをおすすめします。

首・顔のいぼに塗るだけでつるるん肌に
いぼ治療
首・顔のいぼ治療に
古来より愛用されてきた「ハトムギエキス」を配合したイボ用クリーム「ぽっつるん」。
肌にぬるといぼを包み込むバリアを作り、じっくりケアします。

サイトMENU

Copyright (C) 首・顔のいぼ治療. All Rights Reserved.