首・顔のいぼ治療 TOP > 水いぼ >  水いぼの治療方法

水いぼの治療方法

水いぼの正式な名称は「伝染性軟属腫」といい、ウイルス感染症によるいぼです。水いぼができる場所のとしては、「脇の下」や「肘」、「膝」などです。水いぼの症状は、よく見るといぼの中心にくぼみがあります。水いぼの大きさは、1mmから3mm程度で表面が柔らかい白い塊ができます。その白い塊がウイルスの芯です。水いぼの治療方法には、そのウイルスの芯となっている白い塊を取り除く方法があります。そのためには、ピンセットを使用していぼの中にある白い塊を取り除きます。いぼを治療するには痛みを伴うことがあります。いぼの部分を無理してひっかいたりするとかえって、大きくしてしまう可能性もあります。ですから、ピンセットはきれいに取り除くにはとても効果的なものなのです。また、痛みを伴うこともあるので、この治療においては麻酔をして行います。 麻酔といっても全身麻酔ではありません。いぼの部分に麻酔のシールのようなものを貼って、麻酔が効いてくるのを待って治療を開始します。

首・顔のいぼに塗るだけでつるるん肌に
いぼ治療
首・顔のいぼ治療に
古来より愛用されてきた「ハトムギエキス」を配合したイボ用クリーム「ぽっつるん」。
肌にぬるといぼを包み込むバリアを作り、じっくりケアします。

サイトMENU

Copyright (C) 首・顔のいぼ治療. All Rights Reserved.