首・顔のいぼ治療 TOP > 水いぼ >  水いぼの治療方法その1

水いぼの治療方法その1

水いぼの治療方法には、「凍結療法」という治療方法があります。この凍結療法は、「液体窒素」を用いて治療を行います。その治療で用いる液体窒素とは、?196℃の低温のもので壊死させる効果があります。いぼへの塗布はもちろん素手ですることはできません。そのため、専用のピンセットや綿棒、スプレーなどを使用して塗布します。すると、瞬間的にいぼは凍結します。しかし、凍結してもすぐに体温で溶けてしまうので繰り返し行います。そして、この状態を何度も繰り返すうちに、不要な組織を壊していく治療方法です。この治療方法を1週間から2週間で2回から4回を1ヵ月ペースとして、治療を継続する必要があります。すると、治療した部分は黒くかさぶたのようになり、自然と取り除かれます。この治療方法の効果が期待できるものは、「足底いぼ」「難治性のいぼ」「爪の下にできるいぼ」などです。ただし、このいぼの治療方法は麻酔を必要としないので、痛みを強く感じる人もいます。

首・顔のいぼに塗るだけでつるるん肌に
いぼ治療
首・顔のいぼ治療に
古来より愛用されてきた「ハトムギエキス」を配合したイボ用クリーム「ぽっつるん」。
肌にぬるといぼを包み込むバリアを作り、じっくりケアします。

サイトMENU

Copyright (C) 首・顔のいぼ治療. All Rights Reserved.