首・顔のいぼ治療 TOP > 水いぼ >  皮膚の予防

皮膚の予防

水いぼは、医学では「伝染性軟属腫」といい、ウイルスの感染によってできるものです。いぼが破れてウイルスが飛ぶことによって、移るとされています。その感染経路の多くは、肌と肌が接触するプールなどでの感染とされています。いぼに感染しやすい人は、アトピー皮膚炎などの皮膚が弱い人に多いようです。特に1歳から6歳の子供に多いです。春から秋にかけてよく見られるものです。治療せずに放っておいたとしても、95%程度の人は1年以内に自然治癒します。治癒期間は平均6カ月から7カ月という調査結果もあります。水いぼなどウイルス感染によってできるいぼを防ぐには、感染をしないようにすることが大切です。そのため、次のようなことに注意してください。1.水泳・水遊びのあとは全身をきちんと洗います。2.タオルや衣類などからの感染に気をつけます。3.いぼが出来てしまった場合には、患部が広がらないようにひっかいたりしないようにします。

首・顔のいぼに塗るだけでつるるん肌に
いぼ治療
首・顔のいぼ治療に
古来より愛用されてきた「ハトムギエキス」を配合したイボ用クリーム「ぽっつるん」。
肌にぬるといぼを包み込むバリアを作り、じっくりケアします。

サイトMENU

Copyright (C) 首・顔のいぼ治療. All Rights Reserved.