首・顔のいぼ治療 TOP > 水いぼ >  水いぼと液体窒素

水いぼと液体窒素

水いぼができやすい場所としては、「脇の下」や「肘」、「膝」などに多くみられます。特に、1歳から6歳の子供に多くみられるもので、春から秋にかけての時期によく見られます。ウイルスの感染によってできるもので、潜伏期間は2週間ほどです。いぼが破れてウイルスが飛ぶことによって、移るとされています。その感染経路の多くは、肌と肌が接触するプールなどでの感染とされています。感染しやすい人は、アトピー性皮膚炎などの皮膚が弱い人に多いようです。水ぶくれのように破れるとウイルスの感染を他の部分へも広げてしまうことになります。治療せずに放っておいたとしても、95%くらいの人は1年以内に自然治癒します。しかし、水いぼの症状が悪化してしまい、長期間水いぼが治っていない、水いぼが他の部分にも広がってしまったなどのときは、皮膚科を受診して治療することをおすすめします。しかしこの治療は麻酔を使わないため、痛みをともないます。ですから子供などは我慢ができないかもしれません。

首・顔のいぼに塗るだけでつるるん肌に
いぼ治療
首・顔のいぼ治療に
古来より愛用されてきた「ハトムギエキス」を配合したイボ用クリーム「ぽっつるん」。
肌にぬるといぼを包み込むバリアを作り、じっくりケアします。

サイトMENU

Copyright (C) 首・顔のいぼ治療. All Rights Reserved.