首・顔のいぼ治療 TOP > いぼの予防 >  首いぼを防ぐ

首いぼを防ぐ

いぼは、皮膚にこぶのような腫れものができるいぼとウイルスなどの感染によってできるいぼ(ウイルス性疣贅)があります。加齢に伴いできる老化性のいぼを「老化性角化腫」といいます。「脂漏性角化腫」「老人性イボ」と呼ばれることもあります。この老化性によってできる首のいぼは、悪性のいぼではありません。しかし、老化性のいぼ「老化性角化腫」の一部には悪性のいぼでがんになる可能性もあるので、急激にいぼが増えたなどの時は注意する必要があります。また、老化性といっても20歳代から発症し、加齢とともに増加します。老化性のいぼ「老化性角化腫」の症状の特徴としては、顔や首の後ろなどに黒く表面がガサガサしたものが複数できます。首いぼを治療せずに放っておくと老化性の首のいぼは盛り上がったり、大きくなることもあります。しかし、老化が原因としても個人差があります。そのため、食生活や生活習慣などを見直して、代謝を向上させることも大切です。

首・顔のいぼに塗るだけでつるるん肌に
いぼ治療
首・顔のいぼ治療に
古来より愛用されてきた「ハトムギエキス」を配合したイボ用クリーム「ぽっつるん」。
肌にぬるといぼを包み込むバリアを作り、じっくりケアします。

サイトMENU

Copyright (C) 首・顔のいぼ治療. All Rights Reserved.