首・顔のいぼ治療 TOP > いぼの予防 >  いぼ痔の検査

いぼ痔の検査

恥ずかしいという気持ちから医療機関を受診することもできず、症状を悪化させてしまう人が多いようです。 しかし、肛門あたりの違和感、いぼ痔の症状を自覚したら、肛門科を受診することをおすすめします。 まず、肛門科を受診したら、医師による問診が行われます。 医師による問診では、肛門のかゆみや痛みの有無、出血の程度、いぼの程度などを詳しく医師が問診していきます。 次に、肛門の診察(2分から3分程度)です。 このときは、医師の指で肛門周辺を触診します。 その後、肛門鏡を使って肛門の中を調べて、いぼなどの症状を調べます。 肛門の診察をするときは、横向きに寝た姿勢で行います。 男性の診察の場合は、仰向けになって診察をすることもあります。 基本的に男性でも女性でもどちらでも、ズボンや下着を少し下ろす程度で診察することは可能です。 ズボンや下着全てを脱ぐ必要はありません。 さらに、医療機関によっては、腰あたりにタオルをかけるなどしてくれることもあります。

首・顔のいぼに塗るだけでつるるん肌に
いぼ治療
首・顔のいぼ治療に
古来より愛用されてきた「ハトムギエキス」を配合したイボ用クリーム「ぽっつるん」。
肌にぬるといぼを包み込むバリアを作り、じっくりケアします。

サイトMENU

Copyright (C) 首・顔のいぼ治療. All Rights Reserved.