首・顔のいぼ治療 TOP > ウイルス性のいぼ >  ウイルスが原因の顔いぼ

ウイルスが原因の顔いぼ

ウイルスの感染が原因で出来てしまう顔いぼには、青年性偏平疣贅(せいねんせいへんぺいゆうぜい)や尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)が多いようです。 青年性偏平疣贅の場合は、稀に放置しておいても自己免疫力によって治ってしまう場合もありますが、多くは放置しておくと増えていってしまいます。 青年性偏平疣贅は、家庭内での感染が原因のこともあり、顔だけでなく手の甲にも発症することの多いいぼです。 尋常性疣贅の場合も、放置すると増えていってしまうもので、自分で治療をするために削ってしまうと、治るどころか余計に増殖をしてしまう顔いぼです。 顔いぼは、比較的若い女性に多くみられるものなので、美容面からも本人の精神的ダメージも大きくなってしまうものですので、数が増えないうちに早めに皮膚科で治療を受けた方が良いでしょう。

首・顔のいぼに塗るだけでつるるん肌に
いぼ治療
首・顔のいぼ治療に
古来より愛用されてきた「ハトムギエキス」を配合したイボ用クリーム「ぽっつるん」。
肌にぬるといぼを包み込むバリアを作り、じっくりケアします。

サイトMENU

Copyright (C) 首・顔のいぼ治療. All Rights Reserved.