首・顔のいぼ治療 TOP > ウイルス性のいぼ >  ウイルス性のいぼの治療

ウイルス性のいぼの治療

ウイルス性のいぼは治療をしても治りにくいとされていて、なかには何ヶ月もいぼ治療を受けているが、なかなか完治をしないという人もいます。 一般的な治療方法は、液体窒素による凍結治療となります。 液体窒素による治療は、綿棒にマイナス196℃の液体窒素を含ませたものを患部につけることでいぼを凍結させて治療していきます。 液体窒素による治療は多少痛みはありますが、いろいろある治療法の中でも比較的安全なものなので、子供からお年寄りまで幅広く行なわれています。 顔にできたウイルス性のいぼの場合は、液体窒素よりもレーザーでの治療の方が有効とされています。 レーザー治療は痛みが殆どなく、短期間で治療が出来るということもあり、最近ではこの治療法が人気となっています。 ウイルス性のいぼは、命に関わるような病気ではありませんが、放置しておくと感染が広がり、恐ろしいほど増殖や増大をしたり、他人にまで移してしまう危険性もあるので、早めに治療を受けた方が良いに越した事はありません。

首・顔のいぼに塗るだけでつるるん肌に
いぼ治療
首・顔のいぼ治療に
古来より愛用されてきた「ハトムギエキス」を配合したイボ用クリーム「ぽっつるん」。
肌にぬるといぼを包み込むバリアを作り、じっくりケアします。

サイトMENU

Copyright (C) 首・顔のいぼ治療. All Rights Reserved.