首・顔のいぼ治療 TOP > ウイルス性のいぼ >  ウイルス感染によるいぼの種類

ウイルス感染によるいぼの種類

いぼは、皮膚にこぶのような腫れものができるいぼとウイルス感染によってできるいぼ(ウイルス性疣贅)があります。そのウイルスの種類は多数あり、大きく分けると「皮膚型」と「粘膜・性器型」に分けられます。皮膚型のウイルスに感染して良性のいぼが手足、顔、膝などできる疾患を「尋常性疣贅」といいます。足の裏の傷や皮膚の割れた部分からウイルスが侵入していぼができる疾患を「足底疣贅」といい、顔や腕などにできるいぼは、「青年性扁平疣贅」といわれるものです。また、ウイルス性のいぼ「尖圭コンジローマ」の感染経路は、性行為によるものです。そのため、主にいぼができる部分は「陰茎」「亀頭」「肛門」「膣内」などの性器周辺です。まれに口腔内や口唇などにできることもあります。この尖圭コンジローマといういぼは、良性のもので悪性に変わることはありません。そして、遺伝的な要素もありますがウイルスによるものでもあるとされる「疣贅状表皮発育異常症」という疾患の場合、青年期以降になると半数近い人が悪性の腫瘍(皮膚がん)になってしまうことが多いです。

首・顔のいぼに塗るだけでつるるん肌に
いぼ治療
首・顔のいぼ治療に
古来より愛用されてきた「ハトムギエキス」を配合したイボ用クリーム「ぽっつるん」。
肌にぬるといぼを包み込むバリアを作り、じっくりケアします。

サイトMENU

Copyright (C) 首・顔のいぼ治療. All Rights Reserved.