首・顔のいぼ治療 TOP >  いぼの種類

いぼの種類

いぼ痔の症状

いぼ痔の主な症状は、次のようなものです。 ■排便時の出血です。 便が硬いといぼ痔に触れて、出血します。 この際の痛みはありません。 出血も鮮やかな血の色で、ポタポタとたれたり、ほとばしるように出血し、便器が赤色になることもあります。 もしくは、トイレットペーパーに少量だけ付くくらいの場合もあります。 ■肛門の外へいぼが出る症状です。 いぼ痔の大きさが大きくなると肛門の外へ出てしまうことがあります。 この場合、始めのうちは、排便時だけ出てしまうようになりますが、自然にいぼは肛門の中へ戻ります。 しかし、次第に指で押したりしないと中へ戻らないようになります。 ひどくなると、常に肛門の外へいぼが出ている、歩行時に出るなどの症状になります。 ■肛門周辺にいぼがあります。 長時間座っていた、ひどく息み続けてしまったなどのときに、肛門周辺がうっ血を起こして血豆ができます。 そして、その血豆が腫れてくることがあります。 この症状の場合、ひどい痛みを伴います。 肛門からの出血はいぼ痔だけでなく、他の疾患の可能性もあるので医療機関を受診することをおすすめします。...

いぼ痔とは

痔にはいくつかの種類があります。 大きくわけて「いぼ痔」「切れ痔」「痔ろう」です。 3人に1人の成人が痔で悩んでいるとされています。 しかし、恥ずかしいという気持ちから医療機関を受診することもできず、症状を悪化させてしまう人が多いのです。 また、治療方法なども不安に思っている人がいるようです。 痔ができる肛門の構造について説明します。 肛門は、直腸とつながっていて奥行き3cmほどです。 その真ん中あたりに、皮膚と粘膜の境「歯状線」があります。 この歯状線を境にして直腸よりは、痛みなどほとんど感じることがない粘膜の部分です。 逆に歯状線から肛門出口付近の部分は皮膚のため、痛みを感じる部分です。 また、肛門は締めつける働きをする「括約筋」と軟らかく弾力性に優れている「肛門クッション」が取り囲んでいます。 排便をする際に、必要以上に力を入れたりすると、肛門クッションの血流が悪くなります。 この肛門クッションがうっ血することでだんだんと膨らんで、いぼ痔となります。...

いぼとは

人間の皮膚は、表面から表皮、真皮、皮下組織という何層もの構造になっていて、外界からの刺激やウイルス・細菌などの感染を防ぐようになっています。 ですので、健康な皮膚にはウイルスが原因で出来ることの多いいぼも、通常できないのですが、小さな傷があったりして、そこから感染するといぼができてしまいます。 いぼは、放置しておくと、増殖して数が増えたり、大きさが大きくなってしまったりするものですが、あくまでも良性の腫瘍なので、絶対に早期に治療しなければならないというものでもありません。 いぼが、よく出来やすい部位は手や足です。 また、口唇や鼻の穴、舌などにもいぼができることがあります。 大きさは様々で、親指大くらいの大きいものから、米粒くらいのものまであります。 心配のいらないいぼの場合は、治療しなくても問題はないのですが、最近では、美容の観点から治す人が増えてきています。 どうしても気になるようだったら、一度病院を受診して医師に相談をして、適切な治療を受けるようにしましょう。...

いぼの種類について

いぼは、医学用語では疣贅(ゆうぜい)と呼ばれていて、いくつかの種類があります。 大きく分けると、ウイルスが原因でできるウイルス性のいぼと、紫外線の影響や遺伝的要因などによる皮膚の老化現象によってできるウイルス性ではないいぼとに分かれます。 尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)と呼ばれている、手足の指や足の裏、肘、膝などにできるいぼは殆どウイルス性のものです。 若い女性に多く、家族内発症の場合もある青年性偏平疣贅(せいねんせいへんぺいゆうぜい)もウィルス性で多発し、無数にみられることが多いものです。 また、子供に多くみられる水いぼもウイルス性のものなのですが、他のウイルス性のいぼがヒト乳頭腫ウイルスの感染によって出来るのに対して、水いぼは全く別のウイルスである伝染性軟属腫ウイルスに感染することが原因で発生するものです。 一般的に中年以降に発生することの多い、老化現象によってできるいぼは、老人性いぼ(脂漏性角化症)と呼ばれています。...

いぼについて

いぼとは、疣贅(ゆうぜい)という別名があるもので、皮膚に発生する小さな突起物のことをいいます。 いぼは、1個、2個から数百個までできることがあり、わずらわしいものではありますが、大半のものは身体に害はなく、特に治療をしなくても自然に治ってしまうケースもあります。 ウイルス性のいぼを治療するときには、ステロイドを服用すると治療に向かう場合があります。 80種類以上もあるウイルスに感染することで、いぼはできるのですが、ウイルス性のいぼの場合でも人から人へ移ることは殆どありません。 但し、性器周辺にできるいぼは、他の人へと性行為によって移ることがよくあり、女性の場合は子宮頸がんの原因にもなることがあるので注意することが必要です。...

顔いぼは種類によって治療法が違う

顔いぼの治療方法には様々なものがあり、顔いぼの種類によって使い分けられています。 治療方法には、液体窒素療法、レーザー療法、薬剤療法、手術などがあります。 尋常性疣贅や青年性偏平疣贅などの顔いぼの場合は、液体窒素によって顔いぼを凍らせてウイルスを駆除する凍結療法が主流のようです。 ただし、顔いぼが多数できてしまっている場合には、色素が沈着して痕が残ってしまったりすることがあるので、凍結療法は適しません。 そのような場合には、レーザー療法や薬剤療法が行なわれます。 薬剤療法は、他の治療法に比べて治療期間が長くなり、数週間から数カ月の間に何度も繰り返して行なわなければなりませんが、凍結療法のような痛みは伴わないという面は良いのではないでしょうか。 老人性の顔いぼの場合は、治療の対象にならないこともありますが、美容面からどうしても気になるという時には、凍結療法やレーザー療法で治療が行なわれます。...

いぼの種類

いぼは、皮膚にこぶのような腫れものができるものとウイルスなどの感染によってできるもの(ウイルス性疣贅)があります。皮膚の角質層の一部の異常によってできるものを「鶏眼」といい、「魚の目」とも呼ばれているものです。角質層の異常によってできる「魚の目」は、特に足の裏にできやすいです。加齢に伴いできる老化性のものを「老化性角化腫」といいます。「脂漏性角化腫」「老人性イボ」と呼ばれることもあります。この老化性によってできるいぼは、悪性のものではありません。イルス感染症によるものに「伝染性軟属腫」といういぼがあります。これは「水いぼ」とも呼ばれています。このいぼの感染する経路は不明ですが、いぼが破れてウイルスが飛び、それに接触すると移るとされています。ウイルス感染(帯状疱疹ウイルス)によるものに「水痘」があります。このいぼにかかりやすい季節は12月から翌年の7月に多くなります。8月から11月になる人は減ります。特にこのいぼにかかるのは9歳以下の子供に多いです。...

いぼができる原因と種類

いぼとは。皮膚が乳首のような形に持ち上がった小型の腫瘍で、ヒトパピローマウイルスというウイルスが感染することでできるウイルス性のいぼと、皮膚の老化によって発生する老人性いぼとがあります。 ヒトパピローマウイルスは、皮膚がんや子宮頸がんの原因として有名ですが、がんを引き起こすヒトパピローマウイルスの型は特定のものですので、いぼががんに進展するというものではありませんので安心してください。 老人性いぼは、紫外線などの影響でメラニンが沈着してできてしまった老人性のシミが、表皮細胞の異常で腫瘍にまでなってしまったものです。 いぼは出来る部分や原因によって症状や治療法もいろいろあります。 いぼを増やさないように、いぼの種類や原因、治療法を知って適切な対処をしていきましょう。...

顔や首にできるいぼとは

顔にできるいぼの種類には、「ウイルス性によってできるいぼ」や「老化のよってできるいぼ」があります。顔にできるいぼの中にはかゆみを伴ういぼができることもあります。そのかゆみを伴ういぼをにきびと勘違いをする人もいます。顔にできるウイルス性のいぼは、顔の皮膚の小さな傷口からウイルスが侵入して、どんどん繁殖をして、患部を広げていきます。いぼは皮膚以外にダメージを与えることはありません。しかし、患部がどんどんと大きくなってしまう可能性があるのでいぼを発見したら早めに皮膚科を受診することが大切です。ちなみに老化によってできるいぼは、感染しないものの加齢に伴い増えていくことはあります。また、首にできるいぼは、皮膚腫瘍と同種であり、「アクロコルドン」「スキン・タッグ」などと呼ばれています。この皮膚腫瘍は、悪性ではないため心配する必要はありません。そして、首だけでなくまぶたや胸など皮膚の薄い部分にできるものです。...

疣贅状表皮発育異常症

いぼは、皮膚にこぶのような腫れものができるいぼとウイルス感染によってできるいぼ(ウイルス性疣贅)があります。 そのウイルスの種類は多数あり、大きく分けると「皮膚型」と「粘膜・性器型」に分けられます。遺伝的な要素もありますがウイルスによるものでもあるとされる「疣贅状表皮発育異常症」という病気があります。この「疣贅状表皮発育異常症」による皮膚の異常は、徐々に全身へと広がっていきます。そして青年期以降になると半数近い人が悪性の腫瘍(皮膚がん)になってしまうことが多いです。皮膚がんになってしまったとしても根治する治療法はまだありません。そのため、症状が悪化しないための予防対策をすることが大切です。また抗がん作用のある合成型のビタミンAを服用する場合もあります。この時のビタミンAには「合成品」と「天然物」があります。天然のビタミンAには「レチナール」という化合物が入っています。この薬の作用は、抗がん作用だけでなくにきびなどの治療にも使われています。...

尖圭コンジローマ

いぼは、皮膚にこぶのような腫れものができるいぼとウイルス感染によってできるいぼ(ウイルス性疣贅)があります。 そのウイルスの種類は多数あり、大きく分けると「皮膚型」と「粘膜・性器型」に分けられます。ウイルス性のいぼ「尖圭コンジローマ」の感染経路は、性行為によるものです。そのため、主にいぼができる部分は「陰茎」「亀頭」「肛門」「膣内」などの性器周辺です。まれに口腔内や口唇などにできることもあります。この尖圭コンジローマといういぼは、良性のもので悪性に変わることはありません。ウイルスに感染後すぐにいぼができるのではなく、感染してから3週間から8カ月くらいかかるようです。いぼの大きさは1mmから3mm程度のもので、白、ピンク、褐色をしています。黒色をしていることもあります。そして、いぼができたとしても自覚症状はほとんどありません。ただ、かゆみを伴うこともあるので、かゆみを感じたときは医療機関を受診することをおすすめします。...

青年性扁平疣贅

いぼは、皮膚にこぶのような腫れものができるいぼとウイルス感染によってできるいぼ(ウイルス性疣贅)があります。 そのウイルスの種類は多数あり、大きく分けると「皮膚型」と「粘膜・性器型」に分けられます。足の裏や指先などにできるウイルス性のいぼは知られていますが、顔や腕などにできるいぼもあります。それは「青年性扁平疣贅」といわれるものです。症状としては、子供から高齢者まで関係なく現れ、一般的に1mm?5mmくらいの大きさで皮膚に近い色から茶褐色のような色をしていて、ほとんど盛り上がることがなく平らです。一見にきびなどと間違うこともありますが、なかなか消えない、多発してきたなどのときはウイルス性のいぼの場合もあります。数か月して消えれば問題はありません。しかし、逆に大きくなった、多発してきた場合は、皮膚科を受診することをおすすめします。このいぼの治療方法は「イオウ配合のローションを塗る」「液体窒素や抗がん剤を用いる」「漢方薬の服用」などがあります。...

足底疣贅

いぼは、皮膚にこぶのような腫れものができるいぼとウイルス感染によってできるいぼ(ウイルス性疣贅)があります。 そのウイルスの種類は多数あり、大きく分けると「皮膚型」と「粘膜・性器型」に分けられます。足の裏の傷や皮膚の割れた部分からウイルスが侵入していぼができる場合があります。その病気を「足底疣贅」といいます。この病気は皮膚型に分けられ、良性のいぼです。足の裏でも特に「踵」や「踝」あたりにいぼはできやすいです。そのため、体重の負担によっていぼはそんなに盛り上がることはありません。魚の目と間違って治療をしてしまっている人もいます。いぼの特徴としては、横から押すと痛みを伴います。そして、このいぼができたからといって、体に及ぼす健康面には問題はありません。ただし、放っておくといぼが大きくなったり、痛みを伴うようになったり、多発する可能性があります。また、症状が悪化してしまうと治りづらくもなるので、早めの治療が大切です。...

尋常性疣贅

いぼは、皮膚にこぶのような腫れものができるいぼとウイルス感染によってできるいぼ(ウイルス性疣贅)があります。そのウイルスの種類は多数あり、大きく分けると「皮膚型」と「粘膜・性器型」に分けられます。皮膚型のウイルスに感染して良性のいぼができる疾患を「尋常性疣贅」といいます。この疾患のいぼが現れ部分は、特に手足、顔、膝などです。手指にささくれなどの傷があるとそこから感染して、数か月経過したのちには、皮膚と同じ色した1mmほどの大きさの湿疹が現れます。そのまま放っておくと、湿疹は大きくなり、色も変色していきます。顔や首に湿疹が出た場合はちょっととがったような形の湿疹になります。足裏にできた場合は、体の重さが負担となって盛り上がることはなく、魚の目のような感じになったり、敷石ような状態になります。このいぼの治療方法としては、一般的に液体窒素で凍結して除去する方法やレーザーで焼き切る方法があります。...

フォアダイス

いぼは、皮膚にこぶのような腫れものができるいぼとウイルスなどの感染によってできるいぼ(ウイルス性疣贅)があります。主に男性の陰部にできるいぼ「フォアダイス」といういぼの種類があります。この「フォアダイス」といういぼは、口唇にもできるいぼで、成人男性の65%に見られる生理的現象の1つです。また、女性の性器にできることもあります。いぼの発症には性体験の有無などは一切関係せず、性病ではありません。いぼの症状としては、小さないぼやブツブツといったものが現れます。この小さないぼやブツブツは脂肪の塊です。そのため、治療することはありません。もちろん、他人にこのいぼが感染することもありません。どうしてもいぼの症状によって気になる人は、レーザーや電気メスで取り除くことは可能です。ただし、保険適用外になるため、自費での治療になります。ただ注意しなければならない場合もあります。それは、有害である尖圭コンジローマと症状が似ているので間違われることがあるからです。...

水痘

いぼは、皮膚にこぶのような腫れものができるいぼとウイルスなどの感染によってできるいぼ(ウイルス性疣贅)があります。ウイルス感染(帯状疱疹ウイルス)によるいぼに「水痘」があります。このいぼにかかりやすい季節は12月から翌年の7月に多くなります。8月から11月になる人は減ります。特にこのいぼにかかるのは9歳以下の子供に多いです。 そして、1度なると2度とかからないとされていますが、実は抗体が消えてしまうと再発症する可能性があります。治癒したと思っても体の中には帯状疱疹ウイルスや水痘は残っています。そのため、疲労やストレス、免疫低下などが起こるとそのウイルスが活発化して帯状疱疹を引き起こします。このいぼの主な感染経路としては、「空気感染」や「飛沫感染」です。もちろん、いぼが破れてウイルスが飛び散ったりしての接触感染もあります。いぼの症状は、全身に3mmから5mm程度の盛り上がった赤い湿疹ができます。その後は水ぶくれになり、その中に膿がたまり、かさぶたになって治ります。かさぶたになるまでには7日程度かかり治癒していきます。...

伝染性軟属腫

いぼは、皮膚にこぶのような腫れものができるいぼとウイルスなどの感染によってできるいぼ(ウイルス性疣贅)があります。ウイルス感染症によるいぼに「伝染性軟属腫」といういぼがあります。これは「水いぼ」とも呼ばれています。このいぼの感染する経路は不明ですが、いぼが破れてウイルスが飛び、それに接触すると移るとされています。その多くはプールなどで人の肌と肌が接触すると感染しやすいとされています。このいぼに感染しやすい人は、アトピー皮膚炎などの皮膚が弱い人に感染しやすいようで、子供に多いです。症状は、1mmから3mm程度の表面が柔らかい白い塊ができます。よく見ると中心にくぼみがあり、かゆみを伴う場合もあります。できる場所としては、「脇の下」「肘」「膝」などです。このいぼになって、治療せずに放っておいたとしても、95%程度の人は1年以内に自然治癒します。治癒期間は平均6カ月から7カ月という調査結果もあります。...

老化性角化腫

いぼは、皮膚にこぶのような腫れものができるいぼとウイルスなどの感染によってできるいぼ(ウイルス性疣贅)があります。加齢に伴いできる老化性のいぼを「老化性角化腫」といいます。「脂漏性角化腫」「老人性イボ」と呼ばれることもあります。この老化性によってできるいぼは、悪性のいぼではありません。しかし、老化性のいぼ「老化性角化腫」の一部には悪性のいぼでがんになる可能性もあるので、急激にいぼが増えたなどの時は注意する必要があります。また、老化性といっても20歳代から発症し、加齢とともに増加します。老化性のいぼ「老化性角化腫」の症状の特徴としては、顔や首の後ろなどに黒く表面がガサガサしたものが複数できます。治療せずに放っておくと老化性のいぼは盛り上がったり、大きくなることもあります。このいぼの治療方法としては、一般的に液体窒素で凍結して除去する方法やレーザーで焼き切る方法があります。他には切除をする場合もあります。...

魚の目

いぼは、皮膚にこぶのような腫れものができるいぼとウイルスなどの感染によってできるいぼ(ウイルス性疣贅)があります。皮膚の角質層の一部の異常によってできるものを「鶏眼」といい、「魚の目」とも呼ばれているものです。魚の目と呼ばれるのは、見た目がさかなの目のように見えるからです。症状としては、円形で白色や黄白色をしています。この角質層の異常によってできる「魚の目」は、特に足の裏にできやすいです。そして、タコのような表面にできるものとは違い、皮膚の奥深くに芯ができます。そのため、痛みも伴います。魚の目になりやすい人の原因は、「足に靴が合っていない」「サンダルやハイヒールをよく履く」など足の同じ部分を刺激し続けてしまうことによるものです。魚の目を治療するには、皮膚表面だけを削ったりするだけでは治らないので、角質層そのものを柔らかくする必要があります。まずは、足へかかる刺激を解消することから始めることが大切です。...

首いぼの種類

首いぼは大きく分けて、ウイルス性のものと老化によってできるものの2つのタイプに分ける事ができます。 首いぼの殆どは老化によってできるものと考えられていて、老化によってできたものは、アクロコルドンとスキンタッグの2種類にわけられます。 アクロコルドンは、褐色のもので、殆ど盛り上がっていない小さなもので、早くは20代から出来始め、歳をとるごとに増えていき、60代を迎えるころにはほとんどの人が、アクロコルドンができると言われています。 スキンタッグは、表皮から盛り上がっていて、大きさもアクロコルドンよりも若干大きいものです。 どちらの場合も体に害はありません。 一般的に首いぼの殆どは、アクロコルドンやスキンタッグのような老化が原因で出来るものといわれています。 触るとザラザラしていて、摘むと柔らかく伸びたりするのが特徴です。...

顔いぼの種類

顔いぼの種類は、ウイスル性のものや青年性扁平疣贅、老人性疣贅などが主です。 ウイルスが原因の場合、皮膚の細かい傷口から感染を広げていき、放っておくとドンドン顔に増えて大きくなってきてしまいます。 老人性の顔いぼは、感染はしないものの年をとると数が増えていきます。 顔いぼは、皮膚の伝染病の一種なのですが、皮膚以外に悪影響を及ぼす事はありません。 青年性扁平疣贅と呼ばれているものは、20歳前後の若い女性に多く見られて、顔に米粒よりも小さい、シミに似た平べったいものがたくさんできます。 老人性疣贅と呼ばれているものは、年齢と共に発症が増えるもので、脂漏性角化症とも呼ばれていて、顔に平べったい形や盛り上がった形など様々なものが表れます。 老人性といわれていますが、紫外線の影響での肌の老化や遺伝などが原因の場合もあるので、20代などの若い年齢の人の顔にも表れることがあります。 顔いぼは、体に害はないにしろニキビとの区別がつきにくいことから、勘違いをして悪化させてしまう場合もあるので、もし顔いぼを見つけたら早めに治療を受けた方が良いのかもしれません。...

いぼの種類

いぼは、皮膚にこぶのような腫れものができるものとウイルスなどの感染によってできるもの(ウイルス性疣贅)があります。 皮膚の角質層の一部の異常によってできるものを「鶏眼」といい、「魚の目」とも呼ばれているものです。 角質層の異常によってできる「魚の目」は、特に足の裏にできやすいです。 加齢に伴いできる老化性のものを「老化性角化腫」といいます。 「脂漏性角化腫」「老人性イボ」と呼ばれることもあります。この老化性によってできるいぼは、悪性のものではありません。 ウイルス感染症によるものに「伝染性軟属腫」といういぼがあります。 これは「水いぼ」とも呼ばれています。 このいぼの感染する経路は不明ですが、いぼが破れてウイルスが飛び、それに接触すると移るとされています。 ウイルス感染(帯状疱疹ウイルス)によるものに「水痘」があります。 このいぼにかかりやすい季節は12月から翌年の7月に多くなります。 8月から11月になる人は減ります。特にこのいぼにかかるのは9歳以下の子供に多いです。...

老化性角化腫

皮膚にこぶのような腫れものができるいぼとウイルスなどの感染によってできるいぼ(ウイルス性疣贅)があります。 加齢に伴いできる老化性のいぼを「老化性角化腫」といいます。 「脂漏性角化腫」「老人性イボ」と呼ばれることもあります。 この老化性によってできるものは、悪性のものではありません。 しかし、老化性のいぼ「老化性角化腫」の一部には悪性のものでがんになる可能性もあるので、急激にいぼが増えたなどの時は注意する必要があります。 また、老化性といっても20歳代から発症し、加齢とともに増加します。 老化性のいぼ「老化性角化腫」の症状の特徴としては、顔や首の後ろなどに黒く表面がガサガサしたものが複数できます。 治療せずに放っておくと老化性のものは盛り上がったり、大きくなることもあります。 このいぼの治療方法としては、一般的に液体窒素で凍結して除去する方法やレーザーで焼き切る方法があります。 他には切除をする場合もあります。...

サイトMENU

Copyright (C) 首・顔のいぼ治療. All Rights Reserved.