首・顔のいぼ治療 TOP > いぼの種類 >  顔いぼは種類によって治療法が違う

顔いぼは種類によって治療法が違う

顔いぼの治療方法には様々なものがあり、顔いぼの種類によって使い分けられています。 治療方法には、液体窒素療法、レーザー療法、薬剤療法、手術などがあります。 尋常性疣贅や青年性偏平疣贅などの顔いぼの場合は、液体窒素によって顔いぼを凍らせてウイルスを駆除する凍結療法が主流のようです。 ただし、顔いぼが多数できてしまっている場合には、色素が沈着して痕が残ってしまったりすることがあるので、凍結療法は適しません。 そのような場合には、レーザー療法や薬剤療法が行なわれます。 薬剤療法は、他の治療法に比べて治療期間が長くなり、数週間から数カ月の間に何度も繰り返して行なわなければなりませんが、凍結療法のような痛みは伴わないという面は良いのではないでしょうか。 老人性の顔いぼの場合は、治療の対象にならないこともありますが、美容面からどうしても気になるという時には、凍結療法やレーザー療法で治療が行なわれます。

首・顔のいぼに塗るだけでつるるん肌に
いぼ治療
首・顔のいぼ治療に
古来より愛用されてきた「ハトムギエキス」を配合したイボ用クリーム「ぽっつるん」。
肌にぬるといぼを包み込むバリアを作り、じっくりケアします。

サイトMENU

Copyright (C) 首・顔のいぼ治療. All Rights Reserved.