首・顔のいぼ治療 TOP > いぼの種類 >  いぼ痔の症状

いぼ痔の症状

いぼ痔の主な症状は、次のようなものです。 ■排便時の出血です。 便が硬いといぼ痔に触れて、出血します。 この際の痛みはありません。 出血も鮮やかな血の色で、ポタポタとたれたり、ほとばしるように出血し、便器が赤色になることもあります。 もしくは、トイレットペーパーに少量だけ付くくらいの場合もあります。 ■肛門の外へいぼが出る症状です。 いぼ痔の大きさが大きくなると肛門の外へ出てしまうことがあります。 この場合、始めのうちは、排便時だけ出てしまうようになりますが、自然にいぼは肛門の中へ戻ります。 しかし、次第に指で押したりしないと中へ戻らないようになります。 ひどくなると、常に肛門の外へいぼが出ている、歩行時に出るなどの症状になります。 ■肛門周辺にいぼがあります。 長時間座っていた、ひどく息み続けてしまったなどのときに、肛門周辺がうっ血を起こして血豆ができます。 そして、その血豆が腫れてくることがあります。 この症状の場合、ひどい痛みを伴います。 肛門からの出血はいぼ痔だけでなく、他の疾患の可能性もあるので医療機関を受診することをおすすめします。

首・顔のいぼに塗るだけでつるるん肌に
いぼ治療
首・顔のいぼ治療に
古来より愛用されてきた「ハトムギエキス」を配合したイボ用クリーム「ぽっつるん」。
肌にぬるといぼを包み込むバリアを作り、じっくりケアします。

サイトMENU

Copyright (C) 首・顔のいぼ治療. All Rights Reserved.