首・顔のいぼ治療 TOP > いぼの種類 >  顔や首にできるいぼとは

顔や首にできるいぼとは

顔にできるいぼの種類には、「ウイルス性によってできるいぼ」や「老化のよってできるいぼ」があります。顔にできるいぼの中にはかゆみを伴ういぼができることもあります。そのかゆみを伴ういぼをにきびと勘違いをする人もいます。顔にできるウイルス性のいぼは、顔の皮膚の小さな傷口からウイルスが侵入して、どんどん繁殖をして、患部を広げていきます。いぼは皮膚以外にダメージを与えることはありません。しかし、患部がどんどんと大きくなってしまう可能性があるのでいぼを発見したら早めに皮膚科を受診することが大切です。ちなみに老化によってできるいぼは、感染しないものの加齢に伴い増えていくことはあります。また、首にできるいぼは、皮膚腫瘍と同種であり、「アクロコルドン」「スキン・タッグ」などと呼ばれています。この皮膚腫瘍は、悪性ではないため心配する必要はありません。そして、首だけでなくまぶたや胸など皮膚の薄い部分にできるものです。

首・顔のいぼに塗るだけでつるるん肌に
いぼ治療
首・顔のいぼ治療に
古来より愛用されてきた「ハトムギエキス」を配合したイボ用クリーム「ぽっつるん」。
肌にぬるといぼを包み込むバリアを作り、じっくりケアします。

サイトMENU

Copyright (C) 首・顔のいぼ治療. All Rights Reserved.