いぼの種類

いぼは、皮膚にこぶのような腫れものができるものとウイルスなどの感染によってできるもの(ウイルス性疣贅)があります。皮膚の角質層の一部の異常によってできるものを「鶏眼」といい、「魚の目」とも呼ばれているものです。角質層の異常によってできる「魚の目」は、特に足の裏にできやすいです。加齢に伴いできる老化性のものを「老化性角化腫」といいます。「脂漏性角化腫」「老人性イボ」と呼ばれることもあります。この老化性によってできるいぼは、悪性のものではありません。イルス感染症によるものに「伝染性軟属腫」といういぼがあります。これは「水いぼ」とも呼ばれています。このいぼの感染する経路は不明ですが、いぼが破れてウイルスが飛び、それに接触すると移るとされています。ウイルス感染(帯状疱疹ウイルス)によるものに「水痘」があります。このいぼにかかりやすい季節は12月から翌年の7月に多くなります。8月から11月になる人は減ります。特にこのいぼにかかるのは9歳以下の子供に多いです。

首・顔のいぼに塗るだけでつるるん肌に
いぼ治療
首・顔のいぼ治療に
古来より愛用されてきた「ハトムギエキス」を配合したイボ用クリーム「ぽっつるん」。
肌にぬるといぼを包み込むバリアを作り、じっくりケアします。

サイトMENU

Copyright (C) 首・顔のいぼ治療. All Rights Reserved.