首・顔のいぼ治療 TOP > いぼの治療 >  切除や「凍結療法」によるいぼ治療

切除や「凍結療法」によるいぼ治療

大きないぼなど症状によって、医療機関での治療が必要です。治療法の1つして、切開切除術があります。この治療は、いぼの切除後は、縫合とテープによる傷口の固定が必要です。切除後の1週間は2回、3回の通院が必要で、およそ1週間で抜糸ができます。そして、傷口に赤みを伴いますが半年ほどで落ち着いてきますが、傷口は残ってしまいます。ですから、顔や女性など傷跡が気になる人や目立つ場所のときは、傷跡が残らないレーザー治療をおすすめします。足底いぼや爪の下できたいぼなど場合や切除するまでのいぼでないときは、「凍結療法」という液体窒素を用いた治療でいぼを取り除きます。綿棒やピンセットなどによっていぼに塗布します。すると、いぼの組織は壊死します。組織を瞬間的に凍結させるのですが、体温ですぐに溶けてしまうため、繰り返し行い破壊させていきます。月に2回から4回ほど繰り返すと1週間後にはかさぶたのようになり自然に取れます。しかしこの治療は麻酔を使わないため、痛みを伴う治療です。ですから子供などは我慢ができないかもしれません。

首・顔のいぼに塗るだけでつるるん肌に
いぼ治療
首・顔のいぼ治療に
古来より愛用されてきた「ハトムギエキス」を配合したイボ用クリーム「ぽっつるん」。
肌にぬるといぼを包み込むバリアを作り、じっくりケアします。

サイトMENU

Copyright (C) 首・顔のいぼ治療. All Rights Reserved.