首・顔のいぼ治療 TOP > いぼの治療 >  レーザーによるいぼ治療

レーザーによるいぼ治療

いぼ治療の1つに医療用レーザーを用いた治療法があります。レーザー治療は、いぼの大きさによって局所麻酔をしてから治療を始めます。いぼ治療に用いるレーザーは、「CO2レーザー」や「QスイッチYAGレーザー」というものなどを使います。CO2レーザーは、いぼの部分にレーザーを当てるだけで、いぼの水分を蒸散していきます。治療の際に出血することもほとんどありません。レーザーを当てた後は、テープを貼っておきます。治療後、数日から1週間ほど経つと、かさぶたになり自然に取れます。取れたすぐのころは、陥没しているかもしれません。しかし、3ヵ月から半年も経てば修復されていき、皮膚表面が平らになります。そして、赤みを消えていき、治療した跡も目立たなくなっていきます。QスイッチYAGレーザーは、メラニン色素に反応して除去する治療です。これらのレーザーをいぼの状態によって使い分けることで、より効果のある治療ができます。

首・顔のいぼに塗るだけでつるるん肌に
いぼ治療
首・顔のいぼ治療に
古来より愛用されてきた「ハトムギエキス」を配合したイボ用クリーム「ぽっつるん」。
肌にぬるといぼを包み込むバリアを作り、じっくりケアします。

サイトMENU

Copyright (C) 首・顔のいぼ治療. All Rights Reserved.