首・顔のいぼ治療 TOP > いぼの治療 >  老人性いぼのレーザー治療

老人性いぼのレーザー治療

加齢に伴いできる老化性のいぼを「老化性角化腫」といいます。「脂漏性角化腫」「老人性イボ」と呼ばれることもあります。老化性のいぼ「老化性角化腫」の一部には悪性のものでがんになる可能性もあるので、急激にいぼが増えたなどの時は注意する必要があります。老化性といっても20歳代から発症し、加齢とともに増加します。顔や首にできる老人性いぼもレーザー治療で治ります。首のいぼそのものは皮膚深くないので、表面麻酔をしてレーザーを用いると痛みもなく、簡単に除去することができます。レーザーを当てた後は、テープを貼っておきます。治療後、数日から1週間ほど経つと、かさぶたになり自然に取れます。そして、赤みを消えていき、治療した跡も目立たなくなっていきます。また、いぼを決して自分で無理やり除去することはしてはいけません。かえって症状を悪化させてしまうことになります。いぼが気になる人は、必ず皮膚科を受診して医師の指示をうけ、治療することをおすすめします。

首・顔のいぼに塗るだけでつるるん肌に
いぼ治療
首・顔のいぼ治療に
古来より愛用されてきた「ハトムギエキス」を配合したイボ用クリーム「ぽっつるん」。
肌にぬるといぼを包み込むバリアを作り、じっくりケアします。

サイトMENU

Copyright (C) 首・顔のいぼ治療. All Rights Reserved.