首・顔のいぼ治療 TOP > いぼの治療 >  いぼの治療について

いぼの治療について

ウイルスが原因でできるいぼは、人へ感染する可能性がありますので、その感染を防ぐためにも早めに治療を行なう事が望まれます。 老人性のいぼなどウイルスが原因ではないいぼの場合は、人への感染の恐れもなく、自然と消えてしまうものが多いので、早急に治療しなくても問題はありません。 主に、液体窒素を使ったもの、レーザーでの切除、薬剤療法などがあります。 使用される薬剤には、サリチル酸、トリクロロ酢酸、ホルムアルデヒド、カンタリジン、 グルタルアルデヒド、 ポドフィリンなどがあります。 薬剤での治療は、他の方法と比べると長期間かかり、何度も繰り返して行う必要がありますが、レーザーや液体窒素による凍結療法などのように痛みがないのが利点です。 レーザーや液体窒素で除去してもなかなか治らない場合は、局所注射を行なうこともあります。 また、大きくなってしまったものや、特殊な場所にあるものの場合で、他の方法で行なってもなかなか治らない時には、切開切除法という手術が行われることもあります。 このように、いぼの治療法はひとつではなく様々ですので、いぼの種類に適したものを受けることが大切になります。

首・顔のいぼに塗るだけでつるるん肌に
いぼ治療
首・顔のいぼ治療に
古来より愛用されてきた「ハトムギエキス」を配合したイボ用クリーム「ぽっつるん」。
肌にぬるといぼを包み込むバリアを作り、じっくりケアします。

サイトMENU

Copyright (C) 首・顔のいぼ治療. All Rights Reserved.