首・顔のいぼ治療 TOP > いぼの治療 >  皮膚科でのいぼの治療

皮膚科でのいぼの治療

皮膚科でのいぼ治療の方法は、ドライアイスや液体窒素による凍結療法、抗がん剤の局部注射、電気凝固療法などが行なわれます。 ウイルス性のいぼの場合、一般的に行なわれるのが液体窒素による治療です。 液体窒素療法とは、マイナス196℃の液体で皮膚を低温火傷させることで炎症を起こさせる方法です。 治療時の痛みが強いことと、通院期間が長いことが欠点となります。 老人性イボの場合は、一般的にレーザーでの治療が行なわれます。 レーザーでの場合は、局所麻酔が必要となりますが、液体窒素による方法よりも通院期間が短いことからも人気のある治療法となっています。 皮膚科にとって、いぼの治療は難しいものではないので、どこの皮膚科へ行っても差は殆どないといって良いでしょう。

首・顔のいぼに塗るだけでつるるん肌に
いぼ治療
首・顔のいぼ治療に
古来より愛用されてきた「ハトムギエキス」を配合したイボ用クリーム「ぽっつるん」。
肌にぬるといぼを包み込むバリアを作り、じっくりケアします。

サイトMENU

Copyright (C) 首・顔のいぼ治療. All Rights Reserved.