首・顔のいぼ治療 TOP > いぼの治療 >  いぼ痔の治療法

いぼ痔の治療法

いぼ痔の主な治療方法としては、「薬物療法」と「手術療法」になります。 ■薬物療法 用いる薬は、坐薬と軟膏があります。 いぼ痔による腫れや痛み、出血を抑える薬を使い、症状が治るまで継続して使用します。 そのため、治療期間はそれぞれの症状によっても違います。 坐薬・・・肛門の奥へと挿入するタイプの薬で、肛門の内部からいぼ痔へと浸透させる薬です。 軟膏・・・軟膏を肛門の中に注入するタイプの薬で、直接外側いぼ痔へ塗ることもできる薬です。 ■手術療法 いぼ痔が肛門から外へ出てしまうようになってしまった場合に、手術を行います。 手術によって、いぼ痔を括約筋からそぐように切除します。 その際に、いぼ痔に通う血管は出血しないように縛ってからいぼ痔を切除します。 傷口を縫合する糸は、のちに吸収されるものなので抜糸の必要はありません。 また、手術をしたからといって肛門の締まりに影響を及ぶことはありません。 最近のいぼ痔の手術は、比較的に痛みも少なく、傷口の治りも早いため入院期間も早ければ3日ほどです。 長く入院したとしても一週間程度のようです。 上記の2つの治療法以外に「ゴム輪結紮」と「注射療法」という方法もあります。 ■ゴム輪結紮 いぼ痔の根元をゴム輪で縛って、いぼ痔を壊死させて脱落させる方法です。 ■注射療法 いぼ痔に直接硬化剤を注射していぼ痔を小さくします。 この治療法の場合は、手術療法同様に入院が必要で、2日から3日ほど入院して行われます。

首・顔のいぼに塗るだけでつるるん肌に
いぼ治療
首・顔のいぼ治療に
古来より愛用されてきた「ハトムギエキス」を配合したイボ用クリーム「ぽっつるん」。
肌にぬるといぼを包み込むバリアを作り、じっくりケアします。

サイトMENU

Copyright (C) 首・顔のいぼ治療. All Rights Reserved.