首・顔のいぼ治療 TOP > いぼの治療 >  手術をしていぼを治療する

手術をしていぼを治療する

特殊な場所にできているもの、5mm以上の大きなもの、なかなか完治しないウイルス性のものの場合は、切開切除法という手術による治療が行なわれます。 手術によるいぼの治療の方法は、局所麻酔を行なってからいぼの根元をメスで切り取ります。 根元の部分が太いものの場合は、切り取った後に傷口を縫い合わせますが、細いものの場合は縫わなくても綺麗に治ってしまいます。 いぼの大きさにもよりますが、一度に治療できるのは1個か2個くらいになります。 手術後1週間くらいは、傷口が開かないようにテープ(肌色)で固定しておきます。 約6ヶ月くらいで赤みが引いてきますが、多少跡が残る場合もあります。 そのため、顔など目立つ部分にできているいぼの治療や、レーザー治療でも とれるものに対しては、切開切除法よりもレーザー治療の方を薦められます。

首・顔のいぼに塗るだけでつるるん肌に
いぼ治療
首・顔のいぼ治療に
古来より愛用されてきた「ハトムギエキス」を配合したイボ用クリーム「ぽっつるん」。
肌にぬるといぼを包み込むバリアを作り、じっくりケアします。

サイトMENU

Copyright (C) 首・顔のいぼ治療. All Rights Reserved.