首・顔のいぼ治療 TOP > いぼの治療 >  液体窒素とは

液体窒素とは

大きないぼなど症状によって、医療機関での治療が必要です。治療法の1つして、切開切除術があります。しかし、このいぼ治療では、切除した傷跡が残ってしまいます。そこで、切除するほどではないときは「液体窒素」をいうものを用いたいぼ治療で、いぼを取り除く治療法があります。これを「凍結療法」といいます。凍結いうだけあって、用いる液体窒素は、すごく低温のものです。マイナス196℃の液体窒素を使用します。綿棒やピンセットなどによっていぼに塗布します。液体窒素を塗布することでその部分は、瞬間的に凍結します。しかし、体温ですぐに溶けてしまうため、何度も繰り返しながら治療する必要があります。すると、いぼの組織は最終的に壊死します。ただし、液体窒素を使ったこの治療は、完治するまでには数ヵ月かかることもあります。この治療は、医療機関の皮膚科などで受けることが可能です。いぼの液体窒素による治療は、保険適用ができます。

首・顔のいぼに塗るだけでつるるん肌に
いぼ治療
首・顔のいぼ治療に
古来より愛用されてきた「ハトムギエキス」を配合したイボ用クリーム「ぽっつるん」。
肌にぬるといぼを包み込むバリアを作り、じっくりケアします。

サイトMENU

Copyright (C) 首・顔のいぼ治療. All Rights Reserved.