首・顔のいぼ治療 TOP > いぼの治療 >  液体窒素によるいぼ治療期間

液体窒素によるいぼ治療期間

液体窒素によるいぼ治療は、マイナス196℃の液体窒素を綿棒やピンセットなどによっていぼに塗布して、いぼの組織を壊死させる治療です。いぼに塗布することで、組織を瞬間的に凍結させるのですが、体温ですぐに溶けてしまうため、繰り返し行い破壊させていきます。月に2回から4回ほど繰り返すと1週間後にはかさぶたのようになり自然に取れます。ただし、この治療は、いぼの症状によっては完治するまでに数ヵ月かかることもあります。もちろん、この治療期間には個人差があります。できている場所、いぼの症状や大きさなどで治療期間は変わってきます。ただ、どのような状態であっても液体窒素によるいぼ治療は、長期間の治療が必要だということを理解しておくことが大切です。その上で、治療を受けることをおすすめします。ちなみに、「切開切除術」や「レーザー治療」「薬や注射」などの方法あります。しかし、傷跡が残ってしまう治療もあるので注意してください。

首・顔のいぼに塗るだけでつるるん肌に
いぼ治療
首・顔のいぼ治療に
古来より愛用されてきた「ハトムギエキス」を配合したイボ用クリーム「ぽっつるん」。
肌にぬるといぼを包み込むバリアを作り、じっくりケアします。

サイトMENU

Copyright (C) 首・顔のいぼ治療. All Rights Reserved.