首・顔のいぼ治療 TOP > いぼの治療 >  液体窒素による治療の効果とメリット

液体窒素による治療の効果とメリット

いぼは、触れることで感染して広がっていきます。また、小さな傷などによってプールなどでも感染することがあります。ですから、広がらないうちの早めの治療が大切です。マイナス196℃の液体窒素を綿棒やピンセットなどによっていぼに塗布して、組織を瞬間的に凍結させ、いぼの組織を壊死させます。しかし、体温ですぐに溶けてしまうため、繰り返し行い破壊させていきます。この治療は、ウイルス自体を殺すのではなく、皮膚を低温やけどさせて炎症させます。その結果、皮膚の免疫機能を活発にさせることができます。メリットとしては、治療期間も長期間になっても保険が適用されます。保険適用ができるかできないかでも違うと思います。そして、かさぶたのようにできたもので自然取れた後は、傷跡が残ることはありません。ちなみに、「切開切除術」や「レーザー治療」「薬や注射」などの方法あります。しかし、傷跡が残ってしまうこともあるので注意してください。

首・顔のいぼに塗るだけでつるるん肌に
いぼ治療
首・顔のいぼ治療に
古来より愛用されてきた「ハトムギエキス」を配合したイボ用クリーム「ぽっつるん」。
肌にぬるといぼを包み込むバリアを作り、じっくりケアします。

サイトMENU

Copyright (C) 首・顔のいぼ治療. All Rights Reserved.