首・顔のいぼ治療 TOP > いぼの治療 >  顔いぼはどうやって治療をするのか

顔いぼはどうやって治療をするのか

顔いぼの治療には、液体窒素による凍結療法、炭酸ガスレーザー、薬剤注射、手術による切除法などがありますが、治療費に健康保険が適用されるのは液体窒素による凍結療法です。 しかし、液体窒素による顔いぼの治療は、治療時に痛みが伴ったり、何度も行なわなければならなかったり、痕が残ってしまったりするデメリットがあります。 液体窒素は麻酔を使わないので簡単に行なえるということもあり、よく行なわれる方法となっています。 液体窒素でも消えない顔いぼの場合には、レーザーで顔いぼを1つずつ焼いていく方法がとられます。 顔いぼの種類、大きさや数によっても治療法も異なってきますので、医師と相談して治療方針を決めていきましょう。 軽い症状の顔いぼの場合は、漢方薬で治すことも出来るようです。 老化が原因による老人性の顔いぼの場合は、良性のものであったり、あまり外見を気にしない高齢者が発症することが多いということから、治療の対象とならない場合が多いようです。

首・顔のいぼに塗るだけでつるるん肌に
いぼ治療
首・顔のいぼ治療に
古来より愛用されてきた「ハトムギエキス」を配合したイボ用クリーム「ぽっつるん」。
肌にぬるといぼを包み込むバリアを作り、じっくりケアします。

サイトMENU

Copyright (C) 首・顔のいぼ治療. All Rights Reserved.