首・顔のいぼ治療 TOP >  首のいぼ

首のいぼ

首いぼの除去

いぼの大きさなど症状によって、医療機関での治療が必要です。治療法の1つして、切開切除術があります。この治療は、切除後は、縫合とテープによる傷口の固定が必要です。切除後の1週間は2回、3回の通院が必要で、およそ1週間で抜糸ができます。そして、傷口に赤みを伴いますが半年ほどで落ち着いてきますが、傷口は残ってしまいます。ですから、首や顔など傷跡が気になる人や目立つ場所のときは、傷跡が残らないレーザー治療をおすすめします。切除するまでのものでないときは、「凍結療法」という液体窒素を用いた治療でいぼを取り除きます。綿棒やピンセットなどによっていぼに塗布します。すると、いぼの組織は壊死します。組織を瞬間的に凍結させるのですが、体温ですぐに溶けてしまうため、繰り返し行い破壊させていきます。月に2回から4回ほど繰り返すと1週間後にはかさぶたのようになり自然に取れます。しかしこの治療は麻酔を使わないため、痛みを伴う治療です。...

首のいぼの治療費

首のいぼを決して自分で無理やり除去しようとしてはいけません。かえって首いぼの症状を悪化させてしまうことになります。首いぼが気になる人は、必ず皮膚科を受診して医師の指示をうけ、首いぼの治療することをおすすめします。首にできたいぼの治療法は、小さいものならば、液体窒素を用いた冷凍治療があります。他にレーザーによる治療法もあります。首のいぼが大きめの場合は、外科手術となり切除をする治療法になることもあります。首いぼの治療費のほとんどは保険の範囲内で受けることが可能です。ですから、比較的に治療費も安く安心です。液体窒素による冷凍治療や手術などは保険の範囲内で受けることができます。ただし、一部のレーザーによる治療は、自己負担となります。首いぼの治療費は、首いぼの種類や数、大きさで治療法が変わるため費用も変わります。そのため、診察の時にしっかりと費用は保険の範囲内なのか自己負担なのか確認することが大切です。...

首にできるいぼ

顔や首にできるいぼの種類には、「ウイルス性によってできるもの」や「老化のよってできるもの」があります。顔や首にできるものの中にはかゆみを伴うこともあります。そのかゆみを伴ういぼをにきびと勘違いをする人もいます。首にできるウイルス性のものは、皮膚の小さな傷口からウイルスが侵入して、どんどん繁殖をして、患部を広げていきます。いぼは皮膚以外にダメージを与えることはありません。しかし、患部がどんどんと大きくなってしまう可能性があるので首にいぼを発見したら早めに皮膚科を受診することが大切です。ちなみに老化によってできるものは、感染しないものの加齢に伴い増えていくことはあります。また、首にできるいぼは、皮膚腫瘍と同種であり、「アクロコルドン」「スキン・タッグ」などと呼ばれています。この皮膚腫瘍は、悪性ではないため心配する必要はありません。そして、首だけでなくまぶたや胸など皮膚の薄い部分にできるものです。...

首いぼは感染する?

首いぼの種類で多いのは皮膚の老化現象で出来るものですが、まれにウイルスの感染が原因で出来てしまうことがあります。 そのようなウイルス性の首いぼの場合は、人から人へ感染します。 この首いぼウイルスは、足の裏や手などにも感染します。 足の裏の場合は、大勢の人が裸足で歩き回る場所で、プールや温泉などのマットやスリッパから感染します。 手の場合は、ウイルスに直接接触したり、タオルを介しての感染が考えられています。 ウイルス性の場合は、放置しておくと大きくなって、数も増殖する恐れがあるので、治療を早めに行うことが大切です。 しかし、もともとウイルスは健康な皮膚には感染できないものなので、小さな傷がたまたまあったりすると、そこから感染していぼが出来てしまうと考えられています。 ですので、首いぼが感染するというのは極まれなのです。 皮膚の老化現象でできるものの場合は全く感染の恐れはありません。 ただ、首の周りに沢山のボツボツができることから、不潔というイメージが強く、感染するのではないかと思ってしまう人が多いようです。...

首いぼの再発を防ぐ

首いぼを除去した後は、やはり再発をしないように防ぐことを考えなくてはなりません。 せっかく、首いぼを除去して綺麗になったのに再発をして、またボツボツができてしまっては基も子もありません。 ウイルス性ではなく、老化が原因の場合、紫外線によって肌が老化して、表皮細胞が異常に増殖して角質粒が盛り上がってできるものなので、再発を防ぐには、紫外線対策が絶対に必要になります。 首いぼの再発予防のためには、日焼け止め塗りを念入りに徹底的に行うことを習慣付けて、毎日のケアを心がけるようにしましょう。 首には沢山のリンパが通っているので、マッサージでリンパの流れをよくし、肌の老化を防ぐような方法も再発防止に有効といえるようです。...

首いぼの除去法

首いぼは基本的に皮膚の浅い場所にあるので、除去にはレーザーが有効な治療法だといわれています。 レーザーでの除去方法は、首いぼの表面に麻酔のシールを貼り、その30分後にレーザで除去するので、痛みは殆どありません。 首いぼを除去するのは皮膚科で行なうのが一般的で、レーザー治療のほかに、液体窒素による冷凍凝固方法や、ハサミで根元を切り取ってしまう方法などがあります。 ハサミで根元を切る方法は、少し乱暴なやり方の様な気がしますが、細かいものの場合はこの方法のほうが痛みもないので良いそうです。 但し、大きなものの除去には向いていません。 大きな場合は、レーザー治療よりも手術のほうが良い場合があります。 首いぼの除去の手術は根元部分をメスで切り取りますが、根元部分が太いものに関しては縫合が必要なときもあります。 今は、自分で手軽に除去できる商品なども販売されているようですので、試してみるのも良いかもしれません。...

首にできるいぼとは

首に出来るいぼとは、細かいポツポツとしたもので、アクロコルドンやスキンタッグと呼ばれている首いぼのことです。 首いぼは年齢と共に増えるので、老化現象が原因で出来るといわれています。 首いぼは皮膚のできそこないのようなもので、何らかの刺激が皮膚に与えられ、皮膚の外に飛び出してくると考え られています。 首いぼは皮膚腫瘍のひとつですが、悪性ではなく良性のものなので、首いぼが気にならないようなら放置しておいても問題はありません。 但し、老化現象が原因ではなく、ウイルスが原因での首いぼは、感染をするので注意して下さい。 また、首いぼは衣類で擦れたり、炎症を起こしてしまうと、出血してしまうことがあります。 その場合は、自分の皮膚に再感染してしまうことになるので気をつけて下さい。...

首いぼの予防法

首いぼは首のまわりに細かくボツボツとできるので、見た目にも触った感触も嫌なもので、人に見られるのが嫌で首を隠すような服装をしてしまったり、気になって手で触るのが癖になってしまたりするものです。 できれば出来ない方が良いと思う人が大半だと思います。 そのためには、予防するのが一番なのですが、なかなかそれも難しいものです。 首いぼは、紫外線の影響で皮膚が老化することで出来やすくなるので、紫外線の対策を怠っていた人で、皮膚が弱くなっている人に多く発生するようです。 そのため、若いうちから紫外線対策を怠らないようにすることが首いぼの予防に繋がるようです。 また、首いぼは衣類で擦れたり、しわが寄ったりする場所に出来やすいので、なるべく皮膚への刺激を避けるようにすると良いようです。...

首いぼの治療法

首いぼは悪性でない限り、体に害を及ぼす事がありませんので、自然に消えてなくなれば痕が残るものでもないので、特に治療の必要はないのですが、痛みを感じたり、出血を伴っていたりする場合は治療が必要になります。 基本的に治療は皮膚科で行いますが、美容外科でも治療を行っていることがあります。 治療方法は、いぼの除去と同じで多くは液体窒素を用いた冷凍療法とになります。 液体窒素を用いた治療法は、マイナス200度近い低温の液体窒素でピンセットを冷却し、そのピンセットで摘んで除去します。 最近ではレーザーで治療するところも増えてきています。 液体窒素やレーザーでの治療は、根本治療ではありませんので、リスクを伴うのが事実です。 大きなものの場合には、根元をメスで切り取る簡単な手術をおこなうこともあります。 また、治療に漢方治療を行う場合がありますが、なかなか漢方だけでは上手く治らない人が大半のようです。...

首いぼの症状

首いぼは首だけにできるものではありません。 例えば、脇、胸、瞼など、皮膚が擦れやすい場所にもできるのです。 首いぼは、皮膚の色と同じか、褐色または黒色をしていて柔らかくブツブツしています。 大きさは約1~3mmくらいで、いくつもできて、多いと数十個にもなります。 健康上心配するような問題はありませんが、擦れたりすると出血したり痛みが出たりする場合があります。 種類には、褐色で小さく殆ど盛り上がっていない「アクロコルドン」と、アクロコルドンよりも少し大きくて、表皮から盛り上がっている「スキンタッグ」があります。 5mmを超える大型のものは軟性線維腫と呼ばれています。 いずれも数個の場合は問題ありませんが、数が増えていくにつれて目立つようになり、見た目のコンプレックスを感じるなどの問題が発生します。...

首いぼの原因

首いぼができる主な原因は、加齢による老化現象と、ウイルスによる感染です。 また、首いぼができやすい体質かどうかも大きく関係しています。 首いぼの原因は体の中にあるのではないかという説もあります。 免疫の低下や血液の流れの悪さ、解毒ができないなどの体の不調が原因でボツボツができているのではないかという事なのです。 首いぼができる原因がウイルスの感染の場合、プールなどでウイルスをもらい感染してボツボツができてしまうことが多いようです。 首いぼの原因のひとつに老化現象があげられる事から、首いぼができていると老けた印象を与えてしまうのも事実ですので、気になるようだったら、美容外科や皮膚科で除去してもらう方が良いでしょう。...

首いぼとは

首いぼとは老化現象のひとつです。 首いぼは、中高年以降の人に発症することが多く、首を触ったときにザラザラする小さな突起で、「アクロコルドン」や「スキンタッグ」などと呼ばれています。 首いぼは加齢と共に増加する傾向にありますが、良性の皮膚腫瘍の一種なので特に心配はいりません。 首いぼは基本的に治療をしなくても良いのですが、「見た目が気になる」とか「いぼが洋服などで擦れて出血する」などの生活に支障をきたす場合は治療を検討します。 「アクロコルドン」や「スキンタッグ」と呼ばれるいぼは、首のほかにも皮膚が比較的薄いとされる瞼や胸などにもできます。 首いぼは老化現象によって起こるものといっても、紫外線の影響で、老化した皮膚の角質が増殖されて飛び出してできたものなので、早い人では20代でできることもあります。...

首にできるいぼとは

顔や首にできるいぼの種類には、「ウイルス性によってできるもの」や「老化のよってできるもの」があります。 顔や首にできるものの中にはかゆみを伴うこともあります。 そのかゆみを伴ういぼをにきびと勘違いをする人もいます。 首にできるウイルス性のものは、皮膚の小さな傷口からウイルスが侵入して、どんどん繁殖をして、患部を広げていきます。 いぼは皮膚以外にダメージを与えることはありません。 しかし、患部がどんどんと大きくなってしまう可能性があるので首にいぼを発見したら早めに皮膚科を受診することが大切です。 ちなみに老化によってできるものは、感染しないものの加齢に伴い増えていくことはあります。 また、首にできるいぼは、皮膚腫瘍と同種であり、「アクロコルドン」「スキン・タッグ」などと呼ばれています。 この皮膚腫瘍は、悪性ではないため心配する必要はありません。 そして、首だけでなくまぶたや胸など皮膚の薄い部分にできるものです。...

首のいぼの治療法

首にできるいぼは、「アクロコルドン」「スキン・タッグ」などと呼ばれています。 そして、皮膚腫瘍と同種であり、悪性ではないので心配する必要はありません。 そして、首だけではなくまぶたや胸など皮膚の薄い部分にできるいぼでもあります。 首にできたいぼの治療法は、小さいものならば、液体窒素を用いた冷凍治療があります。 他にレーザーによる治療法もあります。 首のいぼが大きめの場合は、外科手術となり切除をする治療法になることもあります。 首のいぼそのものが皮膚深くありません。 そのため、表面麻酔をしてレーザーを用いると痛みもなく、簡単に除去することができます。 また、首のいぼを決して自分で無理やり除去することはしてはいけません。 かえって症状を悪化させてしまうことになります。 いぼが気になる人は、必ず皮膚科を受診して医師の指示をうけ、治療することをおすすめします。 首のいぼの治療は保険扱いにもなるので、比較的に治療費も安く安心です。...

首いぼの原因

首いぼの種類には、「ウイルス性のもの」や「老化のよるもの」があります。 首いぼは、皮膚腫瘍と同じ種類です。 20歳を過ぎると老化も進んで首いぼができてもおかしくありません。 首いぼの主な種類としては、「アクロコルドン」「スキン・タッグ」「軟性線維腫」などがあります。 悪性のものではありません。 そして、首だけでなくまぶたや胸などの皮膚が薄い部分にできるものです。 首いぼの「アクロコルドン」は、大きさが小さいものです。 皮膚の盛り上がりもありません。 褐色をしています。 首いぼの「スキン・タッグ」は、「アクロコルドン」よりも大きさは大きく、直径2mmくらいです。 首の周りにたくさんできるもので、盛り上がりもあり、皮膚から飛び出したものです。 そして、首いぼの「軟性線維腫」は、直径5mmを超える大きさのものです。 皮膚からも盛り上がっています。 だんだんと大きくなってしまうことがあるので首いぼを発見したら早めに皮膚科を受診することが大切です。...

首いぼの除去

いぼの大きさなど症状によって、医療機関での治療が必要です。 治療法の1つして、切開切除術があります。 この治療は、切除後は、縫合とテープによる傷口の固定が必要です。 切除後の1週間は2回、3回の通院が必要で、およそ1週間で抜糸ができます。 そして、傷口に赤みを伴いますが半年ほどで落ち着いてきますが、傷口は残ってしまいます。 ですから、首や顔など傷跡が気になる人や目立つ場所のときは、傷跡が残らないレーザー治療をおすすめします。 切除するまでのものでないときは、「凍結療法」という液体窒素を用いた治療でいぼを取り除きます。 綿棒やピンセットなどによっていぼに塗布します。 すると、いぼの組織は壊死します。 組織を瞬間的に凍結させるのですが、体温ですぐに溶けてしまうため、繰り返し行い破壊させていきます。 月に2回から4回ほど繰り返すと1週間後にはかさぶたのようになり自然に取れます。 しかしこの治療は麻酔を使わないため、痛みを伴う治療です。...

首いぼのレーザー治療

一般的な治療は、液体窒素を用いた「凍結療法」です。 しかし、凍結療法では治りが悪いウイルス性のものなどもあります。 そのときは、レーザー治療を試してみることをおすすめします。 レーザー治療は、大きさによって局所麻酔をしてから治療を始めます。 首いぼの治療で用いられるレーザーは主に「炭酸ガスレーザー」と「QスイッチYAGレーザー」です。 炭酸ガスレーザーは、炭酸ガスを用いたもので波長にも差があります。 このレーザーの性質としては、水に吸入されやすいので、水分の多い組織に発揮します。 また止血効果もあるため、ほとんど出血することなく切除することができます。 最近は良性の首いぼにも使われるようになっています。 そして「QスイッチYAGレーザー」ですが、2種類の波長をもつレーザーで、首いぼ以外にもしみやそばかすなど幅広い症状に用いることができます。 首いぼのレーザー治療時の痛みは輪ゴムをはじいた程度の痛みです。 基本的には麻酔はせずに首いぼの治療ができます。...

首いぼ治療の費用

首のいぼを決して自分で無理やり除去しようとしてはいけません。 かえって症状を悪化させてしまうことになります。 首いぼが気になる人は、必ず皮膚科を受診して医師の指示をうけ、首いぼの治療することをおすすめします。 首にできたいぼの治療法は、小さいものならば、液体窒素を用いた冷凍治療があります。 他にレーザーによる治療法もあります。 大きさが大きめの場合は、「外科手術」となり切除をする治療法になることもあります。 首いぼの治療費のほとんどは保険の範囲内で受けることが可能です。 ですから、比較的に治療費も安く安心です。 液体窒素による冷凍治療や手術などは保険の範囲内で受けることができます。 ただし、一部のレーザーによる治療は、自己負担となります。 首いぼの治療費は、首いぼの種類や数、大きさで治療法が変わるため費用も変わります。 そのため、診察の時にしっかりと費用は保険の範囲内なのか自己負担なのか確認することが大切です。...

首いぼの予防

いぼは、皮膚にこぶのような腫れものができるいぼとウイルスなどの感染によってできるいぼ(ウイルス性疣贅)があります。 加齢に伴いできる老化性のいぼを「老化性角化腫」といいます。 「脂漏性角化腫」「老人性イボ」と呼ばれることもあります。 この老化性によってできるいぼは、悪性のいぼではありません。 しかし、老化性のいぼ「老化性角化腫」の一部には悪性のいぼでがんになる可能性もあるので、急激にいぼが増えたなどの時は注意する必要があります。 また、老化性といっても20歳代から発症し、加齢とともに増加します。老化性のいぼ「老化性角化腫」の症状の特徴としては、顔や首の後ろなどに黒く表面がガサガサしたものが複数できます。 首いぼを治療せずに放っておくと老化性のいぼは盛り上がったり、大きくなることもあります。 しかし、老化が原因としても個人差があります。 そのため、食生活や生活習慣などを見直して、代謝を向上させることも大切です。...

サイトMENU

Copyright (C) 首・顔のいぼ治療. All Rights Reserved.